保険のビュッフェ

敏腕ベテランFPが勢揃いで的確なアドバイスが好評!

  • 平均経験7.4年の経験豊富なFPのみが在籍!
  • ファイナンシャルプランナーの過去のクレーム歴はゼロ
  • 申し込みから相談までのオペレーションが非常に素早い
  • 無料相談するだけで3000円分の商品券をプレゼント中!
  • 対応地域 全国 相談費用 完全無料
    取扱保険会社 25社以上 相談方法 訪問型
    面談場所 自由 面談時間 1~2時間
    とにかく対応してくれるファイナンシャルプランナーの質が高く、正確かつ的確な相談ができると評判の保険のビュッフェ。まずはココでしょう!

    保険マンモス


    13万人が選んだ節約ブームの火付け役的存在!

  • 訪問型だからいつでもどこでも好きなときに相談可能
  • 中立的な消費者目線で様々な保険商品を比較できる!
  • メディアでの露出も多く節約系の内容に強いサイト!
  • 訪問型の保険見直し業者の最大手とも言える保険マンモス。節約系の見直しに強く、中立的立場でファイナンシャルプランナーに無料相談可能!

    ほけんの窓口


    言わずと知れたショップ型見直し業者の大手!

  • 全国約420店舗と多く、店舗へのアクセスが抜群
  • 取扱保険会社約35社の豊富な商品をじっくり比較!
  • 年間相談実績20万件以上のトップクラスの相談実績!
  • 全国各地に420店舗と豊富なショップを構えているので訪問型が苦手という方はこちらがおすすめ!取扱保険会社数も35社と多いのでじっくり比較できます!

    みつばち保険ファーム


    大手30社以上の保険会社をやさしく比較!

  • 店舗数全国約160店舗、取扱保険会社数30社以上!
  • 店舗にはキッズルーム完備で子供連れでも安心!
  • 丁寧な解説がわかりやすいと若い方を中心に評判!
  • 親切丁寧な解説、店舗にはキッズルームを備えているという事もあって新婚さんや若い方を中心に人気。店舗数もそれなりにあるのでアクセスも良好!

    保険ガイド


    費用の無駄・必要な保障額を一緒に考えます!

  • 全国の優秀なファイナンシャルプランナーと提携!
  • お客様満足度90%以上と高い顧客満足度を実現!
  • はじめから商品の勧誘を行うことは一切なし
  • 訪問型の保険見直し業者の中では新参であるものの「費用の無駄」と「必要な保障」のバランスを第一に考えてくれる全国対応の保険見直し業者!

    ◆当サイトを利用される際のご注意

    • 当サイトは各サービス提供会社・商品メーカーと広告掲載契約を締結し情報の掲載・提供を行なっております。当サイトで直接的な商品販売、サービス提供は行なっておりませんのでご注意下さい。
    • 当サイトでは最新の情報の記載を心がけておりますが更新状況などにより情報が異なる場合があります。商品購入・申し込みの際には必ず公式サイトをご確認ください。
    • サービス申し込み・商品購入の際には必ず公式サイトで情報を確認の上、自己責任で行うようお願い致します。当サイトではいかなるトラブルも対応出来かねますので、よろしくお願い申し上げます。

    どのような生命保険に加入すると、メリットがあるのか

    生命保険に加入する目的と、望ましい死亡保険金額

    生命保険とは、文字通り自分自身が死亡することによって、保険金の受取人に生命保険金が支払われる保険をいいます。そして、生命保険に加入する目的は、自分が交通事故や病気で死んでしまったあと、自分が大切にしている家族や、自分の収入によって養っている家族が生活に困らないように、自分の死後、残された家族の生活を保障することを目的として加入する人が多いと思います。ですから一般的には、独身者が生命保険に加入することについては意味がないと言っても良いと思います。

    このため自分の家族、とくに自分が扶養している子供の年齢や資産状況によって、望ましい生命保険金額は変化してくると思います。例えば、専業主婦である妻の年齢が30代で、子供の年齢が小学校低学年で、賃貸住宅で生活しているケースでは、自分が死亡したあとの家族の生活は苦しくなると想像してしまうと思います。このため、たいていの人は死亡保険金額を3000万円程度は望まれると思います。

    ところが、仮に30代の年齢の自分が、突然心筋梗塞で死亡してしまい、専業主婦の30代の妻と小学校低学年の子供一人を残してしまった場合、経済的にどういった状況に置かれるかというと、意外と国家によって守られていることがわかります。まず、遺族年金が支給されます。夫がサラリーマンであれば、遺族厚生年金が支給され、子供が幼い場合は月額で数万円追加されます。このため、月々の生活については、遺族厚生年金で生活していくには不便はないと思われます。ただし、子供を塾に通わせたり、品質の良い服を買ってあげることまでは無理だと思われます。ですから、生命保険に加入する場合は、支給される遺族年金や遺族厚生年金を考慮にいれて、望ましい死亡保険金額を考えたほうが現実的だと思われます。

    意外な生命保険と、加入するメリット

    生命保険に加入を検討する人は、近年は、自分自身でインターネットで検索して調べて、できるだけ保険料の安い生命保険を探されると思います。おそらく30代や40代の多くの方は、店舗を持たないインターネット保険会社を通じて生命保険に加入されていると思います。

    しかし、インターネット生命保険以外にも、意外とメリットの大きな生命保険があることをご存じない方もいらっしゃると思います。そういった方向けに、いくつか生命保険商品をご紹介したいと思います。

    ひとつは団体信用生命保険です。これは一戸建て住宅や分譲マンションを購入するときに住宅ローンを借りる場合には、必ず加入する生命保険です。この保険は、住宅ローン契約者が、住宅ローンの返済が完了する前の時点で、交通事故や病気で死亡したり重度の障害者となってしまった場合に保険金が支払われます。このとき、支払われる生命保険金額は住宅ローンの残りの金額となります。つまり、住宅ローン契約者が死亡すると、住宅ローンが完済されて借金のない状態で、残された家族の所有不動産となるのです。

    この団体信用生命保険を前提に考えると、例えば分譲マンションをできるだけ頭金を少ない金額にして、多めに住宅ローンを借りれば、その住宅ローンの金額がそのまま生命保険金額となります。ですから、結婚して子供が生まれたご家庭では、分譲マンションもしくは一戸建て住宅を購入して、住宅ローンを借りることをお勧めしたいと思います。そうすれば、住宅ローンがそのまま生命保険金となることによって、それまで加入していた他の生命保険を解約することも可能になると思われます。あるいは、もっと保険料の安い生命保険に切り替えることも可能となると思います。

    もうひとつご紹介したいのは個人年金です。これはあくまでも貯蓄性の保険で、例えば30年間毎月保険料を支払うと35年後から10年間決まった個人年金を受け取れるという保険商品です。いまは低金利ですので30年間保険料を支払っても、10%も金利はつかないと思いますが、この保険も生命保険の機能を持っています。例えば、保険料を支払っている最中に病気などで死亡してしまった場合は、満期保険金が死亡保険金として受取人に支払われます。このため、個人年金も加入の検討をする価値はあると思います。

    保険のビュッフェ

    複数社の保険を扱えるベテランのファイナンシャルプランナーのみを選抜し、質の高い商品の中から賢い保険選びができると評判の生命保険見直しサイト。

    生命保険というものは日常的な「節約」とは違って毎月同じものが継続されるため、1度の見直しを行なってしまえばそれだけで大丈夫なのです。
    ちょっとしたことで月々の収支額の大きな節約になりますので、前向きに考えましょう!

    保険の見直しの目的は「不要な保障を外して必要な保障をつける」といった、いわゆる保険内容の最適化です。
    つまり、保障内容を軽くすればそれだけ保険料の支払額も安くなり、月々の負担額をぐっと減らすことが可能になるのです!

    生命保険に加入しているほとんどの方は「自分が入っている保険の内容をほとんど知らない」という事実があります。
    せっかく保険料を毎月支払っているのですから、保険内容をしっかりと見なおして、自分にベストな保障を強化するべきです!